タグ別アーカイブ: 遊び塾

遊び塾の居場所が・・・

遊び塾のメインの活動として挙げられる  子ども達の居場所活動。
 
この活動は、もう6年前になりますが、秦のところを訪ねて来た 発達障がいを抱える子ども達や
不登校・不登校傾向の子ども達、いじめを受けた子ども達。親に関心を持ってもらえない子ども達。等、心に不安や悩みを抱え、一人でまたは 家族で ずっと苦しんできた子ども達を対象とし活動してきました。
 
中には、家庭の経済状況が厳しく、通うのが難しい子ども達もいました。
 
遊び塾として、このように悩み、苦しんでいる子ども達に心のよりどころとなれる居場所を開いてきました。
 
 
上田を含む長野県には、遊び塾のように フリースクールのような居場所を開いているところが何か所もあります。
 
しかし、実際には、そこに通うのに 多額のお金を要するところが大半です。
 
 
遊び塾の理念は、「高い利用料を払い 要は金持ちしか通えない居場所なんて居場所ではない。」と言うもの。
 
遊び塾に来ている子ども達は、家計が裕福ではない、それでいて悩みを抱えている子どもや家族が大半です。
 
だから、少しでも家計に負担をかけずに居場所に通えるようにすことが、我々の責務でした。
 
 
 
そして、仲間と場所を変え、新たな遊び塾として再出発しても、その理念は変わらず、今に至っています。
 
 
今現在、遊び塾の利用料は 月に 1万5千円
しかし、そのうちの 8割を 福祉の制度で賄い、実際の家族負担は 2500円。
必要な場合、送迎をする。というやり方をしています。
 
行政にかけあうのは、勿論 秦の仕事です。
 
子どもと家族には、心配なく通ってきてもらうことが、今、遊び塾に出来ることなんです。
 
 
 
そんな、遊び塾の居場所が、より家族の負担なく子ども達が通ってこれるように、
今、遊び塾は 長野県に申請し
 
児童デイケア の事業所として  生まれ変わる準備をしています。
 
また、児童デイケアと 不登校支援の事業所を兼ねながら運営していくので
 
子どもの状況にあった支援内容を組み合わせながら、家計の厳しい家庭には何らかの支援策で、負担を減らし、安心して心配なく 通ってこれるように
 
秦を始め、遊び塾スタッフが一丸となって、子ども達の明るい未来と心からの笑顔の為に
 
これからも活動していきます。
 
これからも、遊び塾へのご支援ご協力。宜しくお願いします。
 
 
 
 
  遊び塾   秦  健二
 
 
 

新年度を迎えて・・・

皆さん、こんにちわ

4月の新年度を迎えました。そして、あっという間に 20日も過ぎてしまいました。

先週の、5月並の暖かさ かと思えば、ここ数日の冷え込み 

皆さん、お身体の具合はいかがですか?

 

さて、秦の関わる子ども達。  新年度を迎え、志望校に進学した人。今年は、悔しい思いをした人。

中学という、新たな環境に、必死でくらいついている人。

クラス替えで、昨年以上に 辛い想いをしている人。

それぞれ、大きな期待と、はちきれんばかりの不安の中で  それぞれが4月という時期を迎えました。

 

そんな、みんなに  ここで 改めて エールを贈りたいのです。

 

『君は、君らしく生きていい。 そして、君のペースで歩んでいこう。

そして、決して無理はしなくて良いんだ。 疲れた時、辛い時は休めば良い。

走ってて疲れたら、歩けば良い。  歩いていて疲れたら、立ち止まれば良い。 そして、また元気になったら 歩きだせば良い。

君が、こうしてこの世の中に生きていることに意味があり、君がそこにいることが 秦の力になるんだ。

努力は精一杯しよう。  自分の行動を相手に恩着せがましくするのは止めよう。

誰かにしてもっらた行いへの感謝は絶対に忘れないようにしよう。

努力は決して君を裏切ったりはしない。

そして、誰かの為に生きていれば、必ず君へその幸せはやってくるから。』

 

秦は、いつどんな時でも 君の味方です。

 

今年度も、みんなと一緒に 泣いたり 笑ったり 怒ったりできますように

そして、いつどんな時にも 君の心に寄り添えるように

 

そして、君の背中をそっと後押しできるような

そんな 秦でありたいと 思っています。

 

 

今年度も、宜しくお願いします。

 

 

   遊び塾  秦 健二

 

 

 

新しい、年を迎えて。

新しい一年を迎えました。

皆さん、遅くなりましたが

あけまして おめでとうございます。今年も 遊び塾を宜しくお願いします。

 

 

皆さんは、どんな一年を迎えましたか?

秦は、昨年末に 6年ぶりくらいに ある人に会いました。

その人は、上田市内の 方で、以前はよくお世話になっていました。

 

最近、また遊び塾の活動を再開したことなどを いろいろ話していると、その方が

「秦くん、まぁるくなったねぇ。」と一言。

最近は以前より痩せたのに・・・と思っていると

「昔は、もっとトゲトゲしかった。顔の表情も 柔らかくなったね」と。

その方は、こうも続けた。

「正直言って、あの頃の君は好きじゃなかった。なんか攻撃的でさ。 こいつこのままで 大丈夫なのか?ってね。」

 

それを聴いて びっくりした。

僕は、周りから そんな風に見られていたのか?って。

 

神奈川にいた頃や、遊び塾を一人でやっきになっていた頃、僕は自分を護るのに必死で自分以外の人をどこか敵視していたように思う。

 

身体一面によろいを背負い、その周りに刀を掲げ何かが近づいてこようものなら すぐに攻撃するくらいの自分がいたと思う。

誰を信じてよいのか?何を信じて良いのか?

どうすれば自分が社会の一員として、また遊び塾が公共の一員として認めてもらえるのか?

どこに媚を売り、誰を仲間にし、何を味方につけ、どう自分に害を与える敵を排除すれば良いのか?

そんなことばかりえを考えていたように思う。

そうしないと、自分が潰されてしまいそうな、負けてしまいそうな

また独りぼっちになってしまいそうな。そんな感じだった。  虚勢をはっていないとどうにかなってしまそうで怖かった。

 

でも、講演活動をするようになって、自分の過去を整理し、子ども達を護ると約束し、そのことで自分に覚悟が決められ

また、そのことで子ども達が 秦を護ってくれる!そう言ってもらったことで自信がついてきた。

また、自分が周りの全ての人間に好かれなくても良いんだ。 100人中 例え 99人に嫌われようとも 自分の大切な人が 1人でも 自分のことを 好きでいてくれていれば良いんだ!! って思えるようになってから、僕の中で変化が起きてきた。

 

そして、僕はそう思ううちに 自分のことが少しずつ好きになってきた。

そうしたら、よろいを着ている必要が無くなってきた。

常に周りに刀を向ける必要もなくなってきたんだ。

 

その僕の心の変化が、僕の心をまぁるくしたんだ。

 

このブログを読んでくれた君が

自分に自信がなくて、自分を護ることでいっぱいいっぱいなのなら、どうか聴いてほしい。

 

例えどんなに周りに敵がいてもいいじゃないか。例え、周りが君を嫌っていても  

君のことを必要ない!って言ったとしても

 

このブログを読んでくれた君。

秦は、君の味方だよ。 こうして秦のブログに辿り着いてくれたんだ。

秦は、君のこと必要だよ。君の味方でいたいよ。

 

君に味方でいてほしいよ。

 

なにが言いたいかって。  君は独りぼっちなんかじゃないよ。

 

秦は 君が 好きだよ。

 

だから、全てが敵なんじゃないんだ。

君の仲間が、ここにいるんだ。  それだけは忘れないでね。

 

 

新しい 一年を迎え   遊び塾 は  秦は  君の笑顔の支えになれるように一生懸命に走っていきます。

 

至らないところも沢山あると思いますが

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

 

 

     秦  健二

 

 

 

子ども達との収穫体験

皆さん、ご無沙汰しています。

気がつけばもぉ、秋も深まり 我が長野県上田市では 朝晩はめっきり寒く 寒さの苦手な 秦は ついに コタツとストーブを出してしまいました。

 

さて、遊び塾の活動は、夏からも 少しずつ行われていました。

上田市 武石地域に借りた畑を 耕し 農作物の種をまき 大きな畑を少しずつ、すこしずつ。

 

しかし、今、 武石地域は 鹿が農作物を荒らしてしまう被害が遭い次いでいます。

遊び塾の畑にも 沢山の鹿がやってきたようで、みんなで植えた種も 沢山荒らされてしまい

僕らは、鹿との戦いでもありました。

しかし、なかなか思うようにはいかず、子ども達との収穫も予定していたのに、ぞれが難しくなってしまいました。

 

そこで、 10月  23日 の土曜日に 

遊び塾の仲間でもある

我ら、 中チャン (中村さん)の 畑にて  10人の 子ども達と6人の大人で

地豆(落花生)の収穫をし、その場で摘み取り 土を落とし、 その場で塩ゆでをして みんなで食してきました。

 

落花生のなっているのを、生まれて初めて見る子どももいました。

一つ一つ、土を落とし、「これ大きい」とか 「この豆ちいちゃい」とか 初めて会う子ども達も

少しずつ会話が生まれ、その場に馴染んでいきました。

 

塩ゆでしている時間は、子ども達には時間をもてあましてしまうかな?とも心配しましたが

さすがに子ども達です。

時間と場所と仲間たちがいれば、いくらでも遊びを創りだしてしまいます。

 

虫を捕まえて遊ぶ子どもや、その畑のすぐ裏には、竹林があり、だから、自分のすぐ足元には 竹の根っこが張り巡らされているわけです。

その竹を必死に掘り起こし、タケノコをとる子ども。

山に入って探検を始める子ども。

それぞれに楽しんでいました。

 

タケノコを採った子どもには、地豆と一緒にゆでてあげて、採れたてを食す体験もしました。

 

さて、地豆が茹であがると

子ども達にとって、落花生は炒ったピーナッツでしか食べたことがないので

みんな、食べれるのか?半信半疑。

 

しかし、それは1分後に払拭されました。

 

「うめぇ~」  「美味しい」

この言葉が地豆を取り囲む子ども達から連呼され

みんなの笑顔は最高潮。

 

あっという間に地豆は、終わってしまいました。

 

そのあとも 子ども達は竹をとって遊び、土をほじくりまわして遊び。と遊びは尽きることなく

 

あっという間に時間過ぎていきました。

 

子ども達は、次回はいつ?との声が沢山聴かれました。

 

中チャン、今回は、ありがとうございます。

 

そして参加してくれた子ども達

また、やろうね。

 

 

武石村の畑の 草刈りをしました

先日の 7月 4日 日曜日に 武石村 下本入にある 

遊び塾の畑の 草刈りをしてきました。

秦を含めた 4人の大人と 3人の子ども達が手伝ってくれました。

 

進行状況は、少しずつだけど

遊び塾に 通ってくる子ども達と この畑で 野菜を 作って、土と戯れて

自然の中で元気になっていきたくて

少しずつ すこしずつ

農作業をしていきたいと思っています。

 

遊び塾の 理念に賛同していただける方

良かったっら、一緒にこの畑で 農作業をしてみませんか?

そして、子ども達も 大人たちも みんなで 元気な 日本にしませんか?

 

いじめを受けた子ども達、いじめを受けてことで今もなお苦しんでいる人、秦と一緒に 農作業を通して

痛みも分かち合って、傷を一緒に癒しませんか?

 

不登校の子ども達、学校なんかじゃ学べないこと。 秦と一緒に自然に包まれて学んでいきませんか?

 

障がいがある ことは 決して 恥ずかしいことなんかじゃないさ。

秦と一緒に、生きる意味を土いじりから 感じてみませんか?

 

そして、そんな 遊び塾を 応援してみたい方

一緒に活動してみませんか?

 

 

遊び塾のホームページを見て 何かを感じた人。

動き出してみましょうよ。

動けば、必ず何かが変わっていきます。

動かなきゃ、何も変わっていきません。

 

あなたが 動き出す 第一歩 がここにあります。

 

  遊び塾 事務局  

     0268-71-5153

     秦まで