勇気 デイサービスでの出来事

先日、放課後等デイサービスに通ってきている子ども達が

「公園に行きたい。」と話したので上田市内の公園に行きました。

 

その公園には、遊具として ちょっとしたアスレチックがあります。

アスレチックというものは、遊び方によっては また扱い方によっては

怪我を招くこともあります。がしかし、

 

子ども達に勇気を与えてくれる遊具でもあります。

 

遊具が危険だから!と公園から徐々に遊具が消えつつある昨今

僕はこうして アスレチックがある公園を見つけるとわくわくしてしまいます。

 

今回、子ども達と出かけ

M君はちょっと怖がりの男の子

M君の学校がお休みだったから、他にいたのは地域の保育園児

園児がどんどん アスレチックでアクロバティックな遊びをする中、高い場所にある 吊り橋のような行程を渡れないでいました

でも、m君はお兄さんとしての威厳も保ちたかったようでした。

僕が声をかけると 話かけないでよ!という感じ。

僕は、彼に 「大丈夫。絶対に落ちないから。」

すると彼  「でも落ちたらどおすんの?」

すかさず僕 「大丈夫。必ず助けてやる」

 

そのあとすぐに

 

М君は、その吊り橋を渡り始めたのです。

渡り終わって万弁の笑みを見せ

「やった。渡ったよ」と話すМ君。

 

子ども達は未経験なものに不安なんです。

でも、そこに安心が得られるならば

それは勇気に変わるのです。

 

こんど М君が来たら また あの公園に行っみようと思います。