月別アーカイブ: 2014年10月

勇気 デイサービスでの出来事

先日、放課後等デイサービスに通ってきている子ども達が

「公園に行きたい。」と話したので上田市内の公園に行きました。

 

その公園には、遊具として ちょっとしたアスレチックがあります。

アスレチックというものは、遊び方によっては また扱い方によっては

怪我を招くこともあります。がしかし、

 

子ども達に勇気を与えてくれる遊具でもあります。

 

遊具が危険だから!と公園から徐々に遊具が消えつつある昨今

僕はこうして アスレチックがある公園を見つけるとわくわくしてしまいます。

 

今回、子ども達と出かけ

M君はちょっと怖がりの男の子

M君の学校がお休みだったから、他にいたのは地域の保育園児

園児がどんどん アスレチックでアクロバティックな遊びをする中、高い場所にある 吊り橋のような行程を渡れないでいました

でも、m君はお兄さんとしての威厳も保ちたかったようでした。

僕が声をかけると 話かけないでよ!という感じ。

僕は、彼に 「大丈夫。絶対に落ちないから。」

すると彼  「でも落ちたらどおすんの?」

すかさず僕 「大丈夫。必ず助けてやる」

 

そのあとすぐに

 

М君は、その吊り橋を渡り始めたのです。

渡り終わって万弁の笑みを見せ

「やった。渡ったよ」と話すМ君。

 

子ども達は未経験なものに不安なんです。

でも、そこに安心が得られるならば

それは勇気に変わるのです。

 

こんど М君が来たら また あの公園に行っみようと思います。

 

 

平成26年度の 人権講演依頼について

久ぶりの ブログ更新になります。

皆様、申し訳ありませんでした。

 

さて、今年度 遊び塾では 放課後等デイサービスに力を入れて活動しています。

おかげ様で利用する子ども達も一気に増え、スタッフ一同 充実した日々を送らせていただいております。

 

利用する子ども達の状況は様々ですが、遊び塾として

出来ることを精一杯行い、子ども達が楽しく、そして安全に過ごしていけるように。

また、子ども達がすこしずつ前に進めていけるように

支援していきたい。と思います。

 

 

さて、人権講演の件ですが

 

県教委の心の支援室を通して、いくつものご依頼があったようですが

上記の申し上げた通り

今年度、子ども達のデイサービスに力を注いでいる為

日にちの指定をさせていただいた学校や、お断りした学校がいくつもあります。

 

秦をご指名いただいたにも関わらずお断りしてしまった学校関係者の皆様

心よりお詫び申し上げます。

今年度に関しましては、どうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

ただ、数少ない部分はありますが、日程の調整が出来る日もあります。

 

その際は遊び塾事務局まで、お問い合わせをお願いします。

0268-71-5153 遊び塾 事務局

 

また、講師の謝金に関しましては、   60分~70分の 1講演  5万円 となっております。交通費は別途になります。

講演を聴いた生徒さんや地域の方たちからは、多くの反響をいただいています。

日程によってはお断りすることが多々あると思いますが、一度お問い合わせください。