月別アーカイブ: 2013年7月

素直なこころ・・・

先日、遊び塾ちくま の男の子と 千曲市 大池近くの 見晴らしの良い高台の公園に行きました。

 

「横浜へ行きたい。」  と話す彼。

 

「秦先生も、横浜行きますかぁ~?」   その問いに

「いつか一緒に行けると良いね。」と返事をしました。

 

 

そんなやり取りを繰り返しているうちに

彼は、「車の免許を取る。」  と言ったので

 

「なら、車の免許を取ったら、いつか秦さん連れて 横浜へ行ってね。」

 

すると彼、ぼそっと。

 

「喧嘩しちゃうかも・・・」   と。

 

その素直さと可愛らしさに

思わず吹き出してしまいました。

 

そして、思わず ハグしてしまいまいた。

 

 

この仕事してて

幸せを感じる瞬間です。

 

 

 

 

 

 

自覚・・・・・

遊び塾の 中学3年組が

 

いよいよ高校受験を意識し始めました。

 

未知の世界の高校をリサーチし始める子ども達や

 

受験の為の一貫として

検定試験に 挑戦する子ども達も。

 

 

一年後に 関わる 全ての子ども達が

 

笑顔でいられるように

 

今、この瞬間を大切に 関わりくをもっていきたいと 思います。

 

秦  健二

 

最近の遊び塾

梅雨もあけた7月

遊び塾では、デイサービスで子ども達とスタッフが思いっきり遊んでいます。

 

先週の土曜日は 上田の遊び塾で  子どもの通う 高校の文化祭を みんなで見に行きました。

普段この高校に通う子どもは、一生懸命に クラスの出店の会計の当番をしていました。

その頑張る様子を 後輩の遊び塾の子ども達が目にした時の 輝きを 秦はしっかりと見せてもらいました。

 

中3年の後輩の子ども達へ。  君達も来年は 先輩のように高校で充実した日々が送れるように精一杯今を生きよう。そう心の中で声をかけ、文化祭を後にしました。

 

その後、立科町の公園に行って、いつもの鬼ごっこ。

その後は 長門牧場へ行き、子ども達は 馬に 草を食べさせ触れ合っていました。

動物と触れ合っている子ども達の優しそうな無邪気な顔が一週間経った今、まだ 秦の目に焼きついています。

 

今週の 火曜日・水曜日は スタッフが用意した 凧を皆で作り 千曲川の土手へ行き皆で上げました。

子ども達は小さい頃、親と凧揚げしたことがある。と話ながらも

凧揚げって、こんなに楽しいんだ。とまるで、初めて体験するかのような 面白さを感じているようで

無邪気に凧揚げをしていました。

途中、凧が本当に空を舞ってしまい飛んでいってしまう。というハプニングもありましたが、これもまた良い経験になったと思います。

 

 

さて、今週の土曜日は 上田の街中は 祇園祭です。

街中の鷹匠町さんのご好意により 昨年から 鷹匠町の一員として 祇園祭に参加させてもらっている 遊び塾の子ども達。

 

今年もまた、鷹匠町のご好意により参加させていただくことになりました。

 

子ども達は、昨年から このお祭りの楽しい思い出が忘れなれなかったようで ずっとこの日を待っていた子どもも沢山います。

今週末は 遊び塾ちくまの子どもも 参加し スタッフ共々、お祭りを楽しんできたいと思います。

 

 

もうすぐ夏休み。  遊び塾には 新しく利用する子ども達もいます。

沢山の子ども達と いっぱい遊んで 最高に楽しい 夏休みの想い出を 子ども達と一緒に作っていきたいと思います。

 

 

夏休みに 子ども達と関ってくれる 学生さんの ボランティアさんを 募集しています。

興味のある方は、遊び塾までお問い合わせください。

 

 

遊び塾  秦 健二

平成25年 後半戦が始まりました。

皆さん、日々どう過ごしてますか?

 

 

前半、全うした人も   後悔の残る人も  遣り残していることがいっぱいある人も

 

まだ間に合います。

 

これからの半年をどう生活するか?によって

まだまだ 後半の人生はいくらでも変えられます。

 

後悔しない一年間にする為に

一年を満足して終えれる為に

 

今、あなたに出来ることを精一杯やってみませんか?

 

秦も、自分でこう言った限り

 

精一杯、今年の後半戦を充実してみせるから。

 

一人で実行するなら不安もあるし不満にも思うかもしれないけど

 

あなたは一人で行なうんじゃないから。

 

秦も一緒だから。

 

 

自分のためだけじゃなく

 

誰かの為にも 必死に生きてみようよ。

 

必ずその行為は報われる日がくるから。

 

そんな想いもこめて  秦は後半戦  精一杯生きていくことを誓います。